読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/3

今日はママはH丘の美容院へ行った。半日ほど外出。

その間は私と二人でお留守番。私から見ると意外と落ち着きのあるよい子。うるさいときは耳栓をして放置することもあるが、そうではなく普通に落ち着いているときもかなり多い。スリングを使ってカンガルーのように袋に入れながら行動していた。スリングは、きのう初めて使い始めたのだが、うまく子どもが入る時とそうでないときがある。入りにくいという意味ではなく、入れたあとの位置取りが決まらないということだ。方言でいえば「あがわるい」といったところか。でも決まるとすごく落ち着く。揺れが心地よいのか、私の腹と接着していることによる人肌そして温感の安心感があるのか。その両方という感じもする。子どもを入れながら家事やら料理やら何やらをこなしたが、全然いける。ただ、まだ若いつもりだから大丈夫なだけで、油断すると簡単にぎっくり腰になりそうなのが恐ろしい。腰のケアや、筋肉のトレーニングなどが必須となるだろう。

意外とママの帰りが遅かったのは買い物をしていたからだが、ついでにもしラーメン屋のB店があったら外食してこようかと思っていたらしい。おいおいマジかよ聞いていないよと思ったが、彼女はひとりで行動すること自体がほぼ一年ぶりに近いし、ラーメンも食べたかろうとは思った。そもそもその店は閉店していたので食うことはできなかったのだが。なぜ私が珍しくそのような反感めいたものを抱いたかというと、ちょうど夕食を仕込んでいたからである。

秋刀魚を捌いて蒲焼きにした。結論からいうとよくできた。美味しかった。妻にも好評だった。レシピは、頭取りした秋刀魚2尾を背骨だけ取って、小麦粉……の代わりに片栗粉をまぶし、たっぷりのサラダオイルで揚げ焼き。調味料は醤油大1.5、酒大2、みりん大2、砂糖大2で、適当に焼いてよきところで皿に上げた。仕上げの薬味は万能ねぎとしょうがをまぶした。(薬味はすでにまとまっていたものを使用した。)普通に本格的な蒲焼きの味わいでたいへん満足度が高かった。慣れれば15分でできるそうだが私は30分かかった。これは背骨を取るのに手間取って、さらに背骨にこびりついた身をこそいで刺身用にとりわけ、うっかり醤油をつけながら食べてしまったからである。美味しかった。

今日はずっと私がめんどうを見ていたからということで、夕飯後の子どもの世話は妻にまかせて部屋に戻った。部屋では遊んでばかりで、結局仕事らしい仕事は一切しなかった。休日だからそれでもいいといえるが、こういう無駄な余裕があとあと自分の首を締めるのはよくわかっているつもりなのだが……いや身にしみていないということなのだろう。人間は刹那的だ。私は特に。